返金とチャージバック

返金とチャージバックの違いについてご説明させていただきます。

大雑把に言いますと、返金は、加盟店様で決済を取り消す事で、チャージバックは、カード発行会社で決済を取り消す事です。

返金は注文の取り消しなどの場合にご利用いただきます。

チャージバックは、なんらかの原因により売買が成り立っていない場合にカードホルダー様がカード発行会社へ申し出し、カード発行会社が認めた場合に半ば強制的に決済を取り消す場合が多いです。

チャージバックは返金よりもいろいろな方面へのダメージが多くなります。

チャージバックになった場合、大抵は事前に通知があり原因究明の時間が与えられることが多くあります。

その猶予期間中に加盟店様でご了承いただいた上で返金していただくことで、チャージバックを避ける事ができます。