先進性を備えた弁護士事務所ではクレジットカード決済を導入しています。

先進性を備えた弁護士事務所ではクレジットカード決済を導入しています。



弁護士さんに相談するのには1時間1万円など料金がかかることは誰もがご存じだとおもいます。
現金で支払いますか?振込ですか?いえいえ先進性を備えた弁護士事務所はクレジットカード決済が可能です。
相談前に時間を決めて、その金額が決まっている場合や、時間が不明な場合や予想以上に時間がかかった場合などは手持ちが足りないなんてことがあるかもしれません。そんな時にクレジットカード決済がとても便利です。あらかじめ支払いが終わったり、余計な現金を持ち歩く必要がなく、相談者も安心できます。


クレジットカード決済の導入のメリット



弁護士事務所のクレジットカード決済導入には様々なメリットがあります。
・相談者様に現金を持たせなくて済む
・その場で決まった金額を決済できる
・相談者様へ事務所のスマートさがアピールできる
・事務員さんの負担軽減できる
これ以上もメリットがあり、すでに導入いただいている弁護士事務所様には大変ご好評を頂戴しています。


クレジットカード決済がご利用いただける場面



弁護士事務所でクレジットカード決済が使えるのは、
・相談料
・毎月の顧問料
・書類作成費用
・各種手続き費用
・裁判着手金(金額による)
などです。
相談の結果その場で書類を作成することになったり手続きが必要になった場合など、急な清算が必要になった時にクレジットカード決済はお勧めです。
着手金や報酬金など高額になる場合には、振込などをお勧めいたします。


おすすめの決済方法


セルフ決済


セルフ決済のフロー

一番のおすすめはセルフ決済です。
相談者様の相談内容などを商品名とし、併せて金額を入力します。それによりその相談者様専用の決済URLが発行されますので、それを相談者様のスマホなどへ送信することで、相談者様がご自身でクレジットカード情報を入力し決済することができます。そのクレジットカード情報は弁護士事務所へは知らされず、BPMの決済システムへ直接送信されます。BPMの決済システムでも該当の決済が終了すると、クレジットカード情報は破棄されデータベースなどにも残りません。
そのようなセキュリティもPCIDSSに準拠しているので、弁護士事務所も相談者も安心です。

企業との顧問契約もカード決済で‼
毎月の顧問料などには、継続課金決済がお勧めです。
毎月の決まった日に設定した金額を自動的にクレジットカード決済する支払い方法です。
1年間毎月など期限の設定も可能です。もちろん一度設定した期限を延長することも停止することも可能です。
こちらの登録も、セルフ決済と同様に相談者様へ登録用URLを送り、相談者様自身でクレジットカード決済情報を入力することができます。